骨董品における中国美術品の漆器の特徴と魅力

骨董品における中国美術品の漆器の特徴と魅力 漆器は中国美術品の中でも芸術価値の高い工芸品です。漆の樹液を器物に塗って装飾する技術は、日本などアジアの多くの国で用いられています。
しかし中国の漆器は最も早く漆を実用化した国としての長い歴史があり、約7000年前から利用されてきたとも言われています。
漢の時代には高価な工芸品でしたが、その優れた性質のために日用品として普及していました。やがて技術が向上していくと多彩な文様が描かれていき、中国美術品としての価値も上がっていきました。
漆器は地方によって特徴が異なります。北京では漆を塗り重ねて繊細な透かし彫りを施したものとなっており、江蘇省の楊省では貝片を埋め込んだ螺鈿という技法があります。
福建省では色鮮やかでありながら、変形や腐敗にも強い頑丈なものが作られています。このように様々な技術を見られるのも魅力の1つです。
また化学工芸としても大きな発明であるため、他国への影響も大きかったと考えられます。

骨董品における中国美術品の青銅器の特徴と魅力

骨董品における中国美術品の青銅器の特徴と魅力 青銅は銅と錫、または鉛を合体させて製造される合金で、高度が高いために鋳造に適しているとして、中国美術品には古くから青銅が用いられました。
使い道はさまざまで食器や酒器だけでなく、礼拝や儀式にも用いられました。
青銅器の特徴はその装飾で、科科学模様や動物がデザインされており、古代人の生活様式をそこからうかがうことができると同時に、古代の人々が豊かな想像力を持っていたということを感じることができるところが魅力的です。
さらに青銅器には銘文が彫られていることが多く、漢字の原型になったとみられる文字が彫られており、その内容には政治や経済など様々なことが書かれています。
器に掘られた文字を見ることで当時の人たちの考え方に触れることができます。
中国美術品の青銅器には複雑な形をしているものが多く、酒器の中でも足が三つ又になっているため安定して自立できるものや、ビンのそばに取っ手がついているため、持ち運びがしやすくなっているものなど様々です。
中には虎やニワトリなどの形をした酒器もあるため、鑑賞しているだけで面白いものが多いです。

新着情報

◎2017/7/14

中国美術品の価値
の情報を更新しました。

◎2017/5/24

美術品・骨董品のオークション
の情報を更新しました。

◎2017/3/29

中国美術品は今人気なのか?
の情報を更新しました。

「骨董品」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@misako13112014 若い世代でも好みの人おるかもしれん爆笑 行かんでいいと?この前骨董品好きっち言いよったやん爆笑

そう!メイドと言えば、かれこれ27年くらいまえ、よく横浜の関内に、好きでいってたんです、😊 中華街の外れに、骨董品店があり、そのビルの4階に、喫茶ルームがありました、店内は、骨董品店らしい、テーブル席が、3個あるだげ、メニューは珈琲と紅茶のみ! まどには、安いブラインドだけでした😊

煤本:やぁ、骨董品はお好きかな?ゆっくり見ていってくれよ

Twitter W_wisteria_bot WhiteWisteria 総合bot

返信 リツイート 14分前

明日は馴染みの骨董品屋にでも行ってみるか……。

Twitter midokare_bot 緑間真太郎

返信 リツイート 15分前

RT @ichihana_: 415系の何がすごいかって 定期便を持っているどころか現存9編成で9運用をこなしてることだよ しかも今年で計10両が54歳になり全車50歳を超えるんだよ しかも交流機器が乗ったぐらいで種車の113系初期車とそこまで変わりはないんだよ こんな骨董品

Twitter MusashinoM64 武蔵野快速@アニメ好き

返信 リツイート 25分前

わいのスマホが骨董品なのかディスコードがファ○クなのか教えてドラえもん

Twitter sonomonoda もの@槍鯖

返信 リツイート 25分前

返信先:@misako13112014 骨董品が大好きやったら行くかもよ?爆笑

未開封の骨董品が売ってある… pic.twitter.com/kbbeN4jPhk

◆美術品骨董品買取国際ミネル株式会社◆minerugroup.com

Twitter mineru195 国際ミネル株式会社

返信 リツイート 45分前

ここまでのあらすじ:植物園へ行き、骨董品店の展示会へ行き、ウィンドウショッピング(食品中心)をし、昼酒を呑んだ。 pic.twitter.com/pnhLXDNdUd